神代文字について

神代文字は、神の意志を伝えるために使用されていましたが、後になって人と人との間でも使われるようになったのです。
それはあくまでも、文字には言霊と共に神の波動が入り、それを書くことによって相手に良い影響を与えていたのでした。そしてこれが、文字のはじまりであり、意味なのです。
又、重要なことは日本の古代文字が世界の文字の源であるということ(現在各国の遺跡からはぞくぞくと発見されている)日本人はじめ世界の人々がこの文字が読め、理解することができるようになると、世界は元ひとつであったことに気づかされ、世界の平和はおのずと訪れてくるのです。

神璽(神符)・守符(お守り)に書かれている文字を見ていただくとお分かりになりますが、 国幣大社の神璽、守符には神代文字で御祭神のお名前が記載されております。

※さらにくわしく知りたい方はhttp://www.kamiyo.org/

 

禁無断複製、無断転載このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
(C)2007-Kamiyo Silver Accessories.All Right Reserved